«
»

開かれた国民皆保険への道

Charles Krauthammer

補償範囲の義務付け廃止を

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 オバマケアの廃止、見直しはまだ死んではいない。宣言されたが、それは、今のところ大統領が手を引き、下院共和党が意見の違いを埋められないという段階にある。

 だが、このどちらも、いつまでも続くものではない。共和党内の各派間に考え方の違いはある。しかし、この行き詰まりを生んだ原因は、手順であることを見逃してはいけない。手順は容易に変えられる。

 下院指導部は、上院を60票ではなく51票で通過させられるよう、「和解」に必要な微妙な条件を満たす法案を作成した。しかし、それによって、魅力的で、市場志向の改革案が排除されることになり、オバマケアの行く末は「フェーズ3法案」と呼ばれる今後の法案に託されたが、このフェーズ3法案が実際に提出されない可能性がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。