«
»

オバマケア見直しで共和党結束できず

トランプ氏(左)とペンス氏

トランプ氏の「交渉力」疑問視も

 トランプ米大統領は24日、共和党保守派の反対などで成立が見込めなかった医療保険制度改革(オバマケア)の見直しを撤回した。政権発足初日から大統領令を出すなど実行力をアピールしてきたトランプ氏だが、「議会対策の試金石」(米メディア)となった目玉政策が失敗したことで、政権の求心力低下も指摘されている。今後、トランプ政権は税制改革などを進める方針だが、「オバマケア見直し法案を撤回に追い込んだ勢力が、大規模減税などの野心的な政策も脅かしている」(ワシントン・タイムズ紙)状態で、調整は難航が予想されている。(ワシントン・岩城喜之)

 「非常に僅差だった。共和党の誰かについて、悪く言うつもりはない。民主党の支持がなかった」

 トランプ氏はオバマケアの見直しを撤回後、ホワイトハウスで記者団を前に悔しさをにじませながらも、代替案に賛同しなかった共和党議員の批判を控えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。