«
»

極悪非道なロシア人?

 ロシア人は極悪非道のギャングなのだ。彼らは彼らの大使を、上院議員や、ほかの大使連中や、大将らや、最高司令官らや、司祭らや、また、ほかの正体不明の誰かに会わせ、素早く話し掛けられる公的出会いの場に送っている。チャック・シューマーやナンシー・ペロシは、たまたま「ごきげんよう」とあいさつしたばかりに、ワシントンで公務に就いている誰かがキャリアを台無しにしないように、その哀れな人を16番通りの大使居住地に閉じ込めておくように勧めている。

 今、街で吹き荒れている、のぼせた民主党員の物語では、ジェフ・セッションズ(司法長官)は、昨年、ヘリテージ財団のイベントで通りすがりにセルゲイ・キスリャク(駐米ロシア)大使と言葉を交わしたのだが、その大使によってロシアの諜報(ちょうほう)員にリクルートされたというのだ。もし、彼らの取引がその時、秘密にされなかったのなら、数週間後に、大使が、セッションズ氏を事務所に訪問した時に、秘密にされたはずだ。その際、彼は上院軍事委員会のメンバーであった。どの出会いも、フェイク・ニュースの説明の一部がそう決め付けているように「マンツーマン」の対話でもなく、それらは、また、セッションズ氏がトランプの選挙戦についてしゃべる機会でもなかった。しかし、かの賢いロシア人は、うなずき方や、微笑や、ほかの人たちの慇懃(いんぎん)無礼な態度から情報を引き出す技にたけていたわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。