«
»

ドリーマーらの成功と失敗

 一方は、地方大学の人気学生。ゴールデンドア奨学生プログラムの文字通りの広告塔だ。一方の学生は、今週、母親の首を切ったとして起訴された。この悲惨な事件は、世界中の注目を浴びた。

 2人はノースカロライナ州の若い不法移民で、2012年にオバマ大統領によって国外退去が猶予された不法移民「ドリーマー」だ。

 2人は今週、移民をめぐる議論の両極の顔となった。

 全米移民フォーラムの「聖書・バッジ・企業」ネットワークは、ホセ・コントレラスさんを取り上げたノースカロライナ州でのネット動画を流し始めた。コントレラスさんは、シャーロットのクイーンズ大学の典型的なモデル学生で、移民に大学に行くチャンスを与えるためにつくられた奨学金制度の下で、同大学に通っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。