«
»

トランプ氏のアジアでの方向転換に中国反発

 トランプ政権は、中国が南シナ海の領域を占拠するのを阻止することを約束し、中国指導者らの反発を招いた。トランプが環太平洋連携協定(TPP)から離脱したことで、米国の主要同盟国に動揺と不安が生じた。

 しかし、これらは、危機的状況にある米国の東アジア戦略に新たな息を吹き込むために必要なことなのかもしれない。長年にわたってこの地域をウオッチしてきたあるアナリストはこう指摘した上で、国内外のメディアは、ホワイトハウスの主張の大雑把な変化に過剰に反応していると訴えた。トランプ政権の痛烈なレトリックと政策変更の背景には、東アジアでの経済的、戦略的バランスが米国にとってよくない方向に傾いているという認識がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。