«
»

退任で見えた「真のオバマ氏」

Charles Krauthammer

機密暴露の米兵に減刑 イスラエル非難決議に賛同

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 オバマ大統領は静かに去ることはなかった。騒々しい最後だったが、それも、静かに入ってくることをよしとしない後継者と、オバマ氏自身のいつまでも続く情緒的なさよならツアーにかき消されてしまった。だが、オバマ氏が最後にしたことは、ノスタルジックでも、センチメンタルでもなかった。その中の二つはまさにショッキングだった。

 しかし、そんなことは分かっていたはずだ。2015年のホワイトハウス特派員晩餐(ばんさん)会で、やっておきたいことのリストがあるかどうかについて「リストに入れたいことはある」と冗談を言っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。