«
»

デジタル技術で小規模化するテロ

 政府は機密報告で、「イスラム国」(IS)などのテロ組織は、9・11テロのような大規模な計画を完全に放棄したと指摘、ローンウルフ(一匹おおかみ)型の攻撃、殺戮(さつりく)がデジタル時代の恩恵を受ける「新たな状況」が生まれているとテロ対策機関に警告した。  国家テロ対策センター(NCTC)の報告は、歴史的な転換を示すものであり、連邦捜査局(FBI)、中央情報局(CIA)などの機関に、複雑なテロ計画に目を光らせるよりも、モバイル、デジタル機器に通じたローンウルフの居所をつかむよう求めている。

 ワシントン・タイムズ紙が入手したNCTCの報告は「ローンウルフ型の計画が着実に増加している現状は、デジタル革命の深化、拡大と一致し、テロ組織が、テロ対策の強化によって大規模な計画実行能力をそがれたことでローンウルフ型のテロに向かわざるを得なくなっていることを示している。ローンウルフは、10年前と比較して資料を作成し、拡散する能力を高め、その一方で暴力的過激派は、これまでと比較して容易に、参加候補者らと連絡を取り、交流できるようになっている」と指摘している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。