«
»

バリューボーターの「復権」

 81%――。これは米大統領選で白人福音派キリスト教徒が共和党のドナルド・トランプ氏に投票した割合だ。この数字は、過去3回の同党大統領候補ミット・ロムニー、ジョン・マケイン、ジョージ・ブッシュの各氏を上回る。

 全有権者の26%を占めた保守的な福音派の圧倒的な支持がなければ、トランプ氏の勝利は不可能だったと言っていい。激戦州の中でも最重要視されたフロリダ州では福音派の85%が同氏に投じている。

 一方、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が獲得した白人福音派票は16%。近年の民主党候補では最低の数字だ。

 宗教票でもう一つ注目すべきは、トランプ氏がカトリック票の52%を獲得し、クリントン氏の45%を上回ったことだ。ワシントン・ポスト紙とABCニュースの世論調査によると、8月の時点ではカトリック教徒の支持率はクリントン氏が61%で、27%のトランプ氏を34ポイントも引き離していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。