«
»

例によってチャタリング・クラスは的外れだった

 共和党は火曜日の夜、自殺した。私たちは信頼できる筋から、共和党がドナルド・トランプを選んだら、共和党は、正しくそういうことになるだろうと、聞かされていた。賢明な人たちが、必ずしも大小マスコミの賢明な連中とは限らないが、そう言ったのだ。10月初めのある忘れられない日のことであった。有権者が信じ難いことをしたら、共和党員や国が予測できるドナルドの悪さをあぶり出すシングルエディションをワシントン・ポストが組んだが、そこで32項目を挙げた。しかし、その信じ難いことを有権者らはやってのけたのだ。葬儀屋で見たのは、非常に元気な遺体だった。民主党は混乱を収拾しなければならない。

 マンハッタンやワシントンの一部の区域の、まれではあるが、時々ある幻覚を起こさせるような空気を吸うことを拒まれた有権者らは、世論調査員や、リポーターや、そして最後には、投票所に連れて行くためにヒラリー・クリントンによって集められた10億㌦相当の地上部隊などに、無理矢理まとめられ、動員されながら、奇妙な、時には異様な、選挙運動のイベントである長い行進が行われている間は、平和を保っていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。