ワシントン・タイムズ・ジャパン

黒人宗教指導者らが信教の自由めぐりクリントン氏非難

 マルティン・ルターの「95カ条の論題」発表から499年、黒人聖職者グループが民主党の玄関扉に書状を釘で打ち付け、黒人が関心を持っている問題をめぐる政治改革を求めた。

 ヒラリー・クリントン選対本部に31日に届けられた書簡は、宗派を超えた25人以上の司祭、牧師らが署名し、民主党大統領候補クリントン氏が、宗教の自由に対して無関心であり、LGBT(性的少数者)の主張を大幅に受け入れ、中絶権を強く支持していることを強く非難する内容となっている。

 書簡では、牧師らは全員、民主党員と無党派とされ、大統領就任後100日以内にクリントン氏と会見し、最も忠実な支持層の一つの要請に民主党がいかに応えるかをめぐって協議することを要求している。さらにクリントン氏に対し、黒人宗教界の有力指導者らと会見し、「裕福な白人献金者に送られているのと同じ敬意」を払うよう要請した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。