«
»

クリントン、トランプ両候補者とも投票に値せず

Charles Krauthammer

計算高いクリントン氏 政策も信念もなく不適格

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 ヒラリー・クリントン氏の件は、ウィキリークスと連邦捜査局(FBI)が最近、情報を公開する前からすでに報じられていた。しかし、これらの文書は確かな裏付けとなる。

 最もセンセーショナルなものは、国務省とFBIの間で提示された取引だった。FBIがクリントン氏の電子メールの機密を解除し、国務省はFBIの海外拠点を増やすという取引だ。センセーショナルと言われるのは、公的なアカウントではあまり見られない「見返り」という言葉が出てくるからだ。見返りがあるかないか、これが受け入れ可能な腐敗と受け入れ不可の腐敗の間を分ける境界線となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。