«
»

偽善という言葉とヒラリー

 ヒラリー・クリントンと偽善という言葉が、ぴったり同意語にならなくても、それらは、同じウェブアドレスを共有しているようなものだ。彼女の個人的寄付者や組織対象の(高額)有料演説の抜粋が入っているウィキリークスのEメール・キャッシュ(格納庫)からは、彼女が口を開くたびに、うわべだけの言葉が飛び出す。その一部は、雨の日にワシントンを覆う霧のような、相変わらずのナンセンスの羅列にすぎない。しかし、彼女は「平凡なアメリカ人」や、彼らのしばしば困難な生活へのあからさまな無視をばらしてしまっている。それは、有権者への裏切りと見るべきである。

 例えば、「シカゴ都市圏ユダヤ人連合基金」に向けた演説の中で、ヒラリーは、シリアの内戦によって悪化した中東における混乱と取り組む難しさを認め、「過激主義によってもたらされる脅威と取り組むための共通の土台はあるかもしれない。そして、特に、皆がとても心配しているシリアとは――そしてヨルダンとは、そこは国境地帯に位置し、何十万人という難民を抱えており、到底その難民すべてを調べることはできないからである。だから、ご承知のように、イスラム聖戦戦士らが、合法的な難民と一緒に入って来ているかどうか、皆分からないのだ」と語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。