«
»

失踪の米国人、北朝鮮で英語教師か

デービッド・スネドン

米下院で拉致の調査求める決議採択 日本との連携強化に期待も

 米下院は9月28日、中国雲南省で2004年8月に消息を絶った米国人大学生、デービッド・スネドンさん=失踪当時(24)=が北朝鮮に拉致された疑いがあるとして、米政府に本格的な調査を求める決議を採択した。米国が拉致問題に積極的に取り組めば、日本との連携が深まるなど好影響が期待される。ただ、これまで調査に消極姿勢だった米政府がどこまで関与するかは未知数だ。(ワシントン・岩城喜之)

 米下院が採択した決議は、今年2月10日に提出されていたもので①北朝鮮政府による拉致の可能性も含めた調査を続ける②スネドンさんを探し出して救出するため、外国政府と連携する③問題解決への取り組みを議会と家族に継続して報告する――ことなどを米国務省や情報機関に対して求めた。同様の決議案は上院にも提出されており、近く採択されるとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。