«
»

クリントン演説、「暴力阻止」を名分に圧力

ヒラリー・クリントン

 「ゲイライツは人権だ。人権はゲイライツだ」――。2011年12月、当時の米国務長官ヒラリー・クリントン氏は、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で行った演説でこう訴えた。

 全米最大の性的少数者(LGBT)団体「人権キャンペーン」のチャド・グリフィン会長が「パワフルだがシンプルな言葉でLGBTの人権を国際舞台に押し上げた」と絶賛するように、クリントン演説はLGBTの国際的な権利向上を加速させた「画期的演説」(ホワイトハウス)と位置付けられている。

 これに対し、「演説はLGBTがまるで人権を享受していないかのようにミスリードするものだ」と批判するのは、米保守派団体「家庭調査協議会」宗教自由センターのトラビス・ウェーバー氏だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。