«
»

同性愛合法化を要求

300

堤防決壊のごとく権利拡大

 オバマ米大統領は2011年に発表した「LGBT(性的少数者)人権促進国際イニシアチブ」で、同性愛行為を犯罪とする、いわゆるソドミー法撤廃に取り組む方針を強調した。オバマ政権は70カ国以上に存在するソドミー法を非人道的と見なすが、米国でもかつては全50州で存在した。連邦最高裁判断でソドミー法が完全に撤廃されたのは2003年、わずか13年前のことだ。

 この時、ソドミー法撤廃で同性婚が合法化されるのは時間の問題と予言した人物がいる。今年2月に他界した最高裁の保守派判事アントニン・スカリア氏だ。同氏はソドミー法判決の反対意見で次のように警告していた。

 「判決は異性と同性の結婚を区別する憲法の構造を破壊した。同性愛行為を道徳的に認めないことが正当な州の利益でないなら、どういう根拠で憲法で保障された自由を行使する同性愛カップルの結婚の利益を否定することができようか」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。