«
»

両大統領候補者の討論会を越えて

 月曜日(26日)の夜、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが、ついに、顔を突き合わせて、互いを見定めることになった時、私たちはたくさんの約束を耳にした。ドナルドと、クリントン会計(得票数計算)事務所の令夫人の両人は、私たちに、どうやって、国を導いていき、国家の敵をやっつけ、そして、自分らが当然もらうべきものとして、有権者が期待するようになっているあらゆる無料の品々を与えてくれるのか、見せようとしていた。4年ごとにそれはやって来る。それは、すべて、うんざりするほど見慣れた風景であり、「建国の父ら」だったら、彼らの大統領観が巨大化していることを喜んでいると言って、二人を厳しく批判したかもしれない。実際、彼らは、ドナルドやヒラリーの両方がなろうと努めている大統領を認めなかったであろう。

 昔は、大統領らは、憲法で定められた役割を理解していた。建国の父らの業績をこき下ろしていた大学教授だった、ウッドロウ・ウィルソン(第1次大戦中の大統領)が進歩主義時代への道案内をしてくれて初めて、最終的に、大統領が、米国版「偉大なる指導者」への変容が果たせるようになったのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。