«
»

同性愛者のHIV感染、「制御不能」とデータ示す

500

 エイズウイルス(HIV)の猛威に直面するアフリカ諸国に同性愛の受け入れを迫るオバマ米政権は、同性間の性行為のHIV感染リスクが極めて高い事実に気付いていないかのようだ。だが、オバマ政権はこの事実をはっきり知っている。なぜなら、米国内のデータがそのことを明確に示しているからだ。

 米疾病対策センター(CDC)は今年2月、衝撃的な研究結果を発表した。米国の男性同性愛者は6人に1人が生涯のうちにHIVに感染することが予想されるというのだ。男性同性愛者でも感染リスクが特に高いのがマイノリティー(少数派)で、中南米系は4人に1人、黒人に至っては2人に1人が感染する見通しだという。

 CDCによると、男性同性愛者は米人口の2%にすぎないが、HIV感染者の実に55%を占める。2014年の新規感染者は4万4073人だったが、このうち男性同性愛者は2万9418人で、全体の67%に達した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。