«
»

「ラストベルト」の攻防焦点

ドナルド・トランプ氏

トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月(7)

 組織力で劣る米共和党のドナルド・トランプ氏が、なぜ党の指名を獲得できたのか。専門家の間でさまざまな分析がなされているが、共通しているのは白人労働者の「不満」と「怒り」をうまく使ってきたということだ。

 「軽視され、無視され、見捨てられた人々のために変化をもたらす決意を毎日持っている。私はあなたたちの声だ」

 共和党大会で指名受諾演説を行ったトランプ氏は、こう強調した。

 この「見捨てられた人々」とは、白人労働者たちを指す。特に製造業などが衰退した「ラストベルト」(さび付いた工業地帯)と呼ばれる米中西部から東部の地域に住む人たちを強く意識しているのは間違いない。

 「ラストベルト」には、グローバル化で海外に生産拠点を移す企業が増えたことで、職を失うなど不満を持つ労働者が多い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。