«
»

リオで敵意にさらされるイスラエル選手

israel_olympics_c0-112-3000-1861_s885x516

 2016年リオデジャネイロ五輪は、政治的な相違を乗り越えて国際的なつながりを深める場を提供するとうたわれているが、イスラエルの選手らにとってはそうばかりでもない。

 47人の代表団に対して敵意が示される出来事があり、国際オリンピック委員会(IOC)はこれを非難した。反中傷連盟などユダヤ組織は警告を発し、今週、「イスラエルへの敵意」を非難する声明をリオデジャネイロで発表した。

 親イスラエル組織「スタンド・ウィズ・アス」のロズ・ロススタイン会長は「ショッキングだが驚くことでもなく、レバノンとサウジアラビアの代表団がオリンピックに関して間違った考えを持っていることは明らかだ」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。