«
»

「覚悟」を固めるキリスト教福音派

800

トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月(6)

 先月20日、米オハイオ州クリーブランド市内のレストラン。共和党全国大会に合わせて開かれた中絶反対派の集会で、キリスト教福音派系の有力団体「家庭調査協議会」のトニー・パーキンス会長は、覚悟を決めた表情で同党の大統領候補ドナルド・トランプ氏への支持を呼び掛けた。

 「トランプ氏が私の第1希望でなかったことは認める。だが、別の選択肢よりベターなのは確かだ」

 米人口の4分の1を占める保守的な福音派は、共和党の主要支持勢力。だが、中絶など社会問題でかつてリベラルな立場を取っていたトランプ氏に強い不信感を抱いていた。パーキンス氏もその一人で、共和党指名争いではテッド・クルーズ上院議員を推していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。