«
»

キリスト教福音派、トランプ支持で結束できるか

過去のリベラル姿勢に不信感

 米大統領選で共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏が、保守的なキリスト教福音派の支持拡大に躍起だ。福音派は人工妊娠中絶など社会問題でかつてリベラルな立場を取っていた同氏に強い不信感を抱くものの、民主党のヒラリー・クリントン前国務長官が大統領になるよりははるかにましとの観点からトランプ氏支持に動く可能性が高い。

 「私は100%あなたがたと共にいる」。今月10日、福音派系の保守派団体「信仰と自由連合」が開催した政治集会で演説したトランプ氏は、中絶反対や信教の自由擁護、イスラエル支持などを訴え、自らが福音派と価値観を共有する候補者であることを強くアピールした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。