«
»

欺瞞対策組織が廃止へ

 外国からの戦略的な欺瞞(ぎまん)工作に対抗することは、レーガン政権以来、米国の全情報機関の公式使命の一つだ。

 しかし、中国、ロシア、イランなどの外国からのにせ情報、欺瞞情報の否定に対抗するための最後の組織のうちの一つが廃止される。米当局者がインサイド・ザ・リングに明らかにした。

 この組織は国家情報会議(NIC)内にあり、外国拒否・欺瞞委員会と呼ばれる。当局者、民間の専門家双方からなるハイレベルの分析グループであり、中央情報局(CIA)本部内にあるが、正式には国家情報長官室に所属している。

 30年以上にわたって、すべての情報機関は、にせ情報と欺瞞工作に対応するための内部組織を運用することが求められてきた。その理由は簡単で、戦略的奇襲を防止し、間違った情報や誤解を与える情報をもとにした間違った前提に基づいて間違った判断を下すことを阻止するためだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。