«
»

ポルノは健康脅かす「公衆衛生上の危機」決議採択 ユタ州で全米初

800

脳の発達や男性機能に悪影響

 米西部ユタ州は先月、インターネット上に溢(あふ)れるポルノを精神的、肉体的に深刻な健康被害をもたらす「公衆衛生上の危機」と見なす決議を全米で初めて採択した。決議に法的拘束力はないが、これをきっかけに、ポルノには薬物と同じような中毒性があり、脳の発達や男性の性的機能に悪影響を及ぼすといった健康面での有害性が認知され、議論や対策が進むことが期待されている。(ワシントン・早川俊行)

 ユタ州の決議が画期的なのは、ポルノの有害性を単なる道徳的理由ではなく、公衆衛生の視点から取り上げたことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。