«
»

内陸国パラグアイの挑戦 「魚の養殖」で持続可能な開発目指す

800-1

新たな食文化浸透に取り組む

 南米の内陸国、パラグアイが養殖を通じて持続可能な開発を目指している。台湾の大学や日本からの技術協力を受けながら、養殖事業のさらなる拡大を模索している。(サンパウロ・綾村 悟)

 パラグアイは、南米有数の牧畜・農産物の輸出国として知られる。肥沃(ひよく)な土地と、パラグアイ川を含む豊かな水資源に恵まれた同国だが、近年は、世界でもまれにみるスピードで森林の伐採が進んでいる。

 森林伐採に関しては、パラグアイの国会が法律の整備などを進めているが、海外から押し寄せる膨大な投資や開発スピードに追いついていないのが現状だ。パラグアイの経済も牛肉や大豆などの輸出に支えられて好景気が続いており、経済ブームに水を差しにくい状況もある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。