«
»

強い信仰が薬物使用を抑制

 ワインが重要な役割を果たすキリスト教だが、薬物使用の抑制には非常に効果的であることが研究から明らかになった。

 DrugAbuse.comが「薬物と信仰:信徒と非信徒の間の薬物乱用比較」で行った分析によると、信仰と麻薬使用の拒否との間に相関関係があるという。

 信仰は待たないという米国人は、さまざまな違法薬物を使用する可能性が高くなる。マリフアナ、アルコール、エクスタシー、ヘロインまでさまざまだ。過去1年間の調査では、非信徒は信徒に比べて12倍、LSDを使用しやすくなり、コカインでは4倍以上となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。