«
»

「オバマ氏は意図的に米国に損害」

ルビオ氏

共和ルビオ氏主張 発言重複に批判も保守派は支持

 オバマ大統領は意図的に米国にダメージを与えた――。政権奪還を狙う共和党の大統領候補たちはオバマ氏批判を展開しているが、中でもこう主張しているのが、マルコ・ルビオ上院議員だ。ルビオ氏は同様の主張を討論会で何度も繰り返したことで批判を浴びたが、米国の威信低下は超リベラルな政治哲学、世界観を持つオバマ氏の意図的な結果であるとの指摘は、極めて重要な視点だ。 (ワシントン・早川俊行)

 「オバマ氏は自分が何をしているのか分かっていないというフィクションはこれを最後に捨てよう。オバマ氏は自分が何をしているのかはっきり分かっている」。6日に行われた共和党大統領候補討論会で、ルビオ氏はこう訴えた。

 2期にわたるオバマ氏の政権運営で米国は大きく傷ついたとの認識で共和党大統領候補は一致している。だが、それをオバマ氏の能力・経験不足や失政に起因すると結論付ける見方に対し、ルビオ氏は異を唱えたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。