ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

失態続きの米国の医療保険改革法

チャールズ・クラウトハマー

信頼失うリベラリズム

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 「たとえ法律を変えることになっても、大統領は、連邦政府が国民にした約束を守り、国民が保有しているものを守るべきだ」-クリントン元大統領、11月12日

 【ワシントン】元大統領は、現職の大統領が「今の医療保険プランがいい人は、そのプランを維持できる」と約束したのだから、それを守るべきだと主張した。さらに、医療保険制度改革法を改正するよう求めた。だがホワイトハウスはこれに激しく抵抗している。

 この民主党の長老の口から発せられた言葉は、民主党というダムが決壊しようとしていることを示している。パニックに陥った民主党員らがオバマケアに反対し、反旗を翻そうとしているのだ。数時間で、この反乱は広く知れわたることになった。14日までにオバマ大統領は引き延ばし工作を講じざるを得なくなり、保険会社に、現在の保険プランの1年間の延長を認めるよう求めた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。