«
»

共和党、パリ気候変動会議めぐりオバマ氏を攻撃/Republicans move to undermine Obama on Paris climate deal

 オバマ政権当局者らがパリの気候変動会議で話し合いを行う一方で、気候変動に懐疑的な有力者らは、テッド・クルーズ上院議員が開催する上院小委員会の公聴会で証言する。

 このタイミングは偶然ではない。オバマ大統領は、パリ会議での合意を自身の「レガシー(遺産)」にしようとしているが、共和党は、多数派の議会はそれに同調していないことを国際社会に示そうと活動しており、クルーズ氏の公聴会はその一環だ。

 AP通信によると、共和党が勢いを強めていることを受けて欧州連合(EU)はすでに、最終合意での炭素排出量目標は法的拘束力を持つ必要があるという当初の主張を取り下げたとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。