«
»

米大統領選挙、共和党カーソン氏急浮上の背景

300

 米共和党の大統領候補指名争いは、奔放な発言を繰り返す不動産王ドナルド・トランプ氏に注目が集中しているが、その陰で急浮上してきたのが、黒人の元神経外科医ベン・カーソン氏(64)だ。政治家経験がない点はトランプ氏と共通だが、ソフトな語り口と厚い信仰心は対照的。貧困家庭に育ちながら努力によって世界的名医となった経歴も有権者を惹(ひ)き付けている。(ワシントン・早川俊行、写真も)

ソフトな口調と厚い信仰心 貧困乗り越え世界的名医に

 政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が集計した各種世論調査の支持率平均値によると、カーソン氏は現在18・8%で、先頭を走るトランプ氏(28・5%)に次ぐ2位に浮上。特に、最初の党員集会が行われるアイオワ州と、同州に続いて予備選が行われるニューハンプシャー州で、トランプ氏との差を急速に縮めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。