«
»

同性婚拒否で米女性書記官が収監

400

非難するオバマ政権も“同罪”

 米ケンタッキー州で今月3日、女性の郡書記官が信仰を理由に同性カップルへの結婚証明書発行を拒み続けたために収監された。オバマ政権は「法の支配」を無視した書記官を非難したが、同政権には結婚を男女間の法的結合と定義した「結婚防衛法」を擁護する責任を一方的に放棄した過去がある。(ワシントン・早川俊行)

 6月の連邦最高裁判決で同性婚が全米で合法化されたものの、同性カップルへの結婚証明書発行を拒み続けたことで収監されたのは、同州ロワン郡のキム・デービス書記官(49)。敬虔(けいけん)なキリスト教徒のデービス氏は、「神の結婚の定義と異なる結婚証明書を私の名前で発行することは良心に反する」と主張し、裁判所から発行を命じられた後も、「神の権限で」発行を拒否していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。