«
»

米大統領選、左傾化する民主党

500

社会主義者サンダース氏が急浮上

 米民主党の大統領候補指名争いで、「社会主義者」を自称するバーニー・サンダース上院議員(73)が急浮上している。大本命ヒラリー・クリントン前国務長官の人気低下とともに、リベラルなオバマ大統領の下で民主党の左傾化が進み、社会主義的な政策に同調する有権者が増えたことが大きく影響している。(ワシントン・早川俊行)

 民主・共和両党を通じ、現在、大統領候補が開く政治集会で群を抜く動員力を見せているのがサンダース氏だ。10日にロサンゼルスのスポーツ施設で開いた集会には、収容人数1万6000人を大きく超える2万7500人が詰め掛けた。多くの人が会場に入れず、場外のスクリーンで同氏の演説を聞いたほどだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。