«
»

もう1人のアリンスキー信者 直接交流重ねたヒラリー氏

300

再考 オバマの世界観(14)

 米国の政界にはオバマ大統領の他に、極左活動家ソウル・アリンスキー氏から大きな影響を受けた大物政治家がもう1人いる。2016年大統領選の民主党最有力候補ヒラリー・クリントン前国務長官である。

 オバマ氏がシカゴでコミュニティー・オーガナイザー(CO)を始めた時、アリンスキー氏は既にこの世にいなかった。だが、ヒラリー氏にはアリンスキー氏と直接的な交流があった。

 ヒラリー氏はシカゴ郊外の保守的な家庭で育ち、当初は共和党支持者だった。1964年大統領選では保守主義の旗手バリー・ゴールドウォーター候補の選挙ボランティアを務めたほどだ。だが、次第に左翼傾斜していく。名門女子大ウェルズリー大学(マサチューセッツ州)の4年生の時、ヒラリー氏が卒業論文のテーマに選んだのは、アリンスキー氏の活動だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。