«
»

隠された革命家の素顔 手本は堕天使ルシファー

700

再考 オバマの世界観(12)

 本の著者は、家族や友人ら愛する存在に献辞を記すのが一般的だ。だが、オバマ米大統領に大きな影響を与えたシカゴの極左活動家ソウル・アリンスキー氏は、1972年に急死する1年前に出版した「過激派のルール」で極めて意外な存在に献辞を書いている。

 アリンスキー氏が同書を捧(ささ)げた相手とは誰か。その名は「ルシファー」。そう、キリスト教でサタンと認識されている堕天使である。創造主である神に逆らって天を追放され、地獄の主となったルシファーを、アリンスキー氏は不気味に、「エスタブリッシュメントに反逆し、効果的に自らの王国を勝ち取った最初の過激派」と称賛したのである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。