«
»

イラン核合意をめぐる波紋

800

米、対「イスラム国」で連携強化も

 今月14日、オーストリアのウィーンで欧米など6カ国とイランとの核協議の最終合意が達成された。2002年にイランの秘密核開発が発覚してから13年にわたる外交交渉の成果である。同合意をめぐっては国際的にも賛否の議論があり、交渉を主導した米国においても国内で評価をめぐり対立が大きい。(ワシントン・久保田秀明)

 イラン核協議は3回にわたって期限を延長しながら、マラソン協議の末に今月14日、イランを含む7カ国の外相級全体会合が開かれ、ついに包括的共同行動計画(JCPOA)と呼ばれる最終合意が成立した。

 合意は、イランが約10年間にわたり核開発活動を制限することを条件に、国連および欧米諸国が対イラン制裁を段階的に廃止するというものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。