«
»

父母に捨てられた過去 孤独な思春期どう影響

500

再考 オバマの世界観(9)

 オバマ米大統領がケニア出身の父親を聖像化していたことは、自叙伝「私の父からの夢」からうかがえる。だが、私生活では実にひどい父親だった。

 保守派評論家ディネシュ・デスーザ氏の著書「オバマのアメリカ」によると、オバマ・シニア氏にはケニアに妻子がいたにもかかわらず、それを隠して大統領の母アン氏と結婚した。ハーバード大学から奨学金を得ると、アン氏と幼い息子をハワイに残して同大に行ってしまう。そこで今度はルース・ナイドサンドさんという米国人女性と付き合い始める。

 1964年、オバマ・シニア氏はナイドサンドさんを連れてケニアに帰国し、2人の子供をもうける。だが、一方で、最初の妻とも二股生活を送っていた。最終的に4人の女性との間に、大統領を含め8人の子供をつくっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。