«
»

ブラジルの少年院入所者の4割が凶悪犯罪

800

刑法「18歳の壁」悪用した殺人事件契機に

 南米ブラジルにおいて、刑法の適用対象年齢を現行の18歳から16歳にまで引き下げようとする法案が国会で審議されている。少年犯罪の凶悪化に歯止めをかけようとする動きだが、更生の機会を奪うなど反対論も根強い。(サンパウロ・綾村 悟)

 ブラジルで昨年3月、少年犯罪の凶悪化を象徴するような事件が発生、世間を震撼(しんかん)させた。当時17歳だった少年が、交際のもつれから14歳の少女を銃で殺害した。これだけなら、銃器犯罪が後を絶たないブラジルにおいてそれほど注目を集めることはなかっただろう。

 問題となったのは、当該の少年がブラジルにおいて刑法の適用を受ける18歳の誕生日の1日前に犯行に及んだということと、少年が犯行後、平然とした様子で知人宅でサッカー観戦を行い、かつ少女殺害にいたった経緯などを簡易ソーシャルメディアのワッツアップ(LINEに相当)に流していたことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。