«
»

大学時代の知人の証言 「マルクス主義を百パーセント信奉」

800

再考 オバマの世界観(4)

 オバマ米大統領は1979年、故郷ハワイを離れ、リベラルアーツ・カレッジの名門校であるロサンゼルスのオクシデンタル大学に入学する。

 当時、オバマ氏がどのような学生だったのか、ほとんど知られていない。だが、2010年、大学時代のオバマ氏の政治観、世界観について貴重な証言をする人物が現れた。元ウィリアムズ大学助教授のジョン・ドリュー氏だ。

 オバマ氏に4回会ったことがあるというドリュー氏は、こう断言する。

 「オバマ氏は熱烈なマルクス・レーニン主義者だった」――。

 ドリュー氏が初めてオバマ氏と会ったのは、1980年12月のことだ。オクシデンタル大を卒業し、コーネル大大学院に進学していたドリュー氏が、カリフォルニア州にある恋人の実家を訪れていた時だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。