«
»

若者中心に米国でキリスト教離れ加速

800

7年で8ポイント減、無宗教が急増

 米国でキリスト教徒の減少に歯止めがかからない。米調査機関によると、70%が自身をキリスト教徒だと答えたものの、2007年の前回調査より約8ポイントも下落した。これに対して「所属宗教なし」は急増し、2割を超えている。政治や社会への影響力が大きいキリスト教徒の変移は、今後の米国社会に変化をもたらす可能性もある。(ワシントン・岩城喜之、写真も)

 調査は米調査機関の「ピュー・リサーチ・センター」が昨年6月から9月まで約3万5000人を対象に実施し、今月12日に発表した。

 それによると、自身をキリスト教徒と考える人は70・6%で、2007年の前回調査の78・4%から7年間で約8ポイント落ち込んだ。

 同センターは、米国の成人人口(約2億4500万人)を基に、現在のキリスト教徒数を約1億7280万人と推定。これは、約1億7810万人だった07年の調査から、約500万人も減ったことになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。