«
»

法的保護求める保守派 自由守る兵士の自由守れ

500

オバマの対宗教戦争・第1部神を見失うアメリカ(12)

 「自由を守るために命を危険にさらす兵士たちの権利を守るために、我々はあらゆることをしなければならない」

 7月上旬、オバマ政権下で脅かされる米兵の信教の自由を守るために、14の保守派団体が連合体を結成したことを受け、ワシントンの連邦議会前で記者会見した。退役陸軍中将のジェリー・ボイキン家庭調査協議会副会長は、政府方針に反対できない現場兵士たちに代わり、保守派が結束して自由の擁護者である兵士の自由を擁護しなければならないと訴えた。

 保守派の強い要請を受け、共和党のジョン・フレミング下院議員は2014会計年度(13年10月~14年9月)国防権限法案に、兵士たちの良心や信仰に基づく行動や言論を保護する条項を加える修正案を提出。前年度の国防権限法にも兵士の信念を保護する条項が入ったが、保護の対象を信念だけでなく具体的な行動にも拡大する内容だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。