«
»

「社会実験台」と化す米軍 次は性転換者を解禁か

500

オバマの対宗教戦争・第1部神を見失うアメリカ(9)

 「米軍はオバマ大統領の社会実験に利用されている」――。陸軍チャプレンを28年間務めた「信教の自由のためのチャプレン同盟」のロン・クルーズ代表は、こう断言する。

 新薬が一般患者の手に届くようになるには、動物実験や臨床試験を通じて有効性や安全性が示されなければならない。同じように、オバマ氏は同性愛者が一般国民に受け入れられるようにするため、米軍を「実験台」として用いているのだという。

 なぜ米軍が実験台なのか。それは「軍が米国で最も尊敬される機関の一つ」(クルーズ氏)だからだ。つまり、愛国の象徴と見なされる米軍に同性愛者を受け入れさせることで、世論を同性愛者の権利拡大に肯定的な方向へと誘導しようとしているというのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。