«
»

伝説の女性活動家の嘆き 神に取って代わる政府

500

オバマの対宗教戦争・第1部神を見失うアメリカ(2)

 「オバマ大統領は宗教を公の場から排除し、米国を完全な世俗国家に変えようとしている」。こう喝破するのは、草の根保守派団体「イーグル・フォーラム」の創設者、フィリス・シュラフリー女史だ。

 シュラフリー女史といえば、米保守派の間ではその名を知らぬ者はいない伝説的な活動家。半世紀以上にわたり、米国の伝統的価値観を破壊しようとする左翼リベラル勢力との戦いに身を捧げてきた。特に有名なのが、1970~80年代にかけ、フェミニストたちが推進し、成立目前までいった「男女平等憲法修正条項(ERA)」をほぼ独力で阻止したことだ。

 現在はミズーリ州セントルイスを拠点に活動しているが、首都ワシントン近郊で開かれた保守派の会合に出席した際、本紙のインタビューに応じた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。