«
»

税制改革進めないオバマ氏

チャールズ・クラウトハマー

高い法人税率嫌う企業

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

 【ワシントン】オバマ政権は「インバージョン」への取り組みに意欲的だ。米企業が外国企業を買収、本社を米国外に移転して、国外の低い税率の恩恵を受ける、これがインバージョンだ。

 オバマ氏はフェアでないと言う。「反愛国的で、税制の抜け穴」を突いたインバージョンで失われた分は、汗を流して働く米国民が補うことになると言う。

 なるほどとは思うのだが、民主党はこれまで、愛国心がないと他者を批判することには強く反発してきた。今回は、どういう風の吹き回しか、愛国心がないと批判することに熱心だ。その標的は、先進国の中で最も高い法人税を支払うという愛国的行為を拒否する企業だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。