ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

信仰を「矯正」する大学 まるで中国の思想改造

131010

米建国の理念はどこに(11)

 ジョージア州にあるオーガスタ州立大学の大学院生だったジェニファー・キートンさんは、学校カウンセリングの修士号を取得するため、勉学に励んでいた。1年目の課程を終え、実際に生徒を相手にしたカウンセリング実習が始まろうとしていた2010年、大学側からこう告げられた。

 「矯正プログラムを受けなさい。さもなければ、カウンセリングコースは続けられない」。キートンさんはカウンセラーとしての資質に「問題あり」とみなされたのだ。

 大学から問題視されたのは、キートンさんが敬虔なキリスト教徒として、同性愛者の性的指向はその個人の選択であり、固定化されたものではないと信じていたことだった。キートンさんは同性愛者の生徒を担当することになった時、性的指向を変えられるよう手助けしたいと考えていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。