ワシントン・タイムズ・ジャパン

トランプ氏がSNS創設 「IT大手の専制に対抗」

Truthsocialトップ画面

Truthsocialトップ画面

 トランプ前米大統領は20日、関連企業を通じ、独自のインターネット交流サイト(SNS)「TRUTH Social」を立ち上げると発表した。ツイッターのアカウントを凍結されているトランプ氏は、声明で「IT大手の専制に立ち向かうために創設した。すべての人に発言の機会を与えるのが使命だ」と語った。

 トランプ氏は「われわれは(アフガニスタンのイスラム主義組織)タリバンがツイッター上で存在感を示す世界に住んでいるが、皆のお気に入りの米大統領は沈黙させられている。受け入れがたい」と強調。11月から限定的にサービスを始め、全国展開は来年の第1四半期になるという。

 トランプ氏はかつてツイッターで約8800万人のフォロワー数を誇ったが、支持者による1月の連邦議会襲撃でアカウントを永久凍結された。現在は政治団体を通じたメールマガジンなどで発信を続けている。

(ワシントン・時事)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。