«
»

深刻な異常気象続く ブラジル

ブラジル北部バラ州で、炎を上げて燃える熱帯雨林=2019年10月(AFP時事

旱魃で電力不足と砂嵐

 ブラジルで深刻な旱魃(かんばつ)をはじめとする異常気象が続いている。砂漠化による砂嵐まで発生し、専門家は「気候変動の始まり」を指摘するほどだ。ブラジルの豊富な自然・生態系を守ってきたアマゾン熱帯雨林やパンタナールは、違法伐採や森林火災で危機に直面しており、一刻も早い共存に向けた動きが求められている。(サンパウロ・綾村 悟)

 ブラジルで深刻な電力不足が発生し、ボルソナロ大統領が節電を呼び掛けるほど逼迫(ひっぱく)した状況となっている。原因は北東部と中南部で発生している深刻な旱魃だ。

 ブラジルは総発電量の62%を水力発電に頼っているが、今年はダムへの流水量が平年より9割も減少。一部のダムでは、発電停止という事態にまで陥っているのだ。

 政府は緊急事態として、火力発電所の増設に踏み切ったほか、7月には50%近い電気料金値上げを行った。ブラジル気象庁の予測では、旱魃は数年続く可能性が高い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。