ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

日米豪印首脳会議 宇宙・技術で対中連携強化

24日、米ホワイトハウスで開かれた日米豪印4カ国(クアッド)首脳会議(EPA時事)

「海洋秩序への挑戦に対抗」 首脳会議、毎年開催へ 日米豪印

 日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国(通称クアッド)による初の対面での首脳会合が24日、ホワイトハウスで行われ、覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、宇宙や先端技術分野での連携強化を進める方針を示したほか、「東・南シナ海を含め海洋秩序への挑戦に対抗する」ことも明記した。4カ国の首脳と外相の会合を毎年行うことでも合意した。

 会合には、菅義偉首相とバイデン米大統領、モリソン豪首相、モディ印首相が出席。共同声明で4カ国は、「自由で開かれたインド太平洋」に改めてコミットするとした上で、名指しを避けつつも中国を念頭に「国際法に根差し、自由で開かれたルールに基づく秩序を促進する」ことを確認した。

 中国が急速な開発を進める宇宙分野では、気候変動の監視や災害対応、海洋資源の持続可能な利用など平和目的に限って、衛星データを共有するとした。宇宙空間の利用に関するルールについても協議する方針を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。