«
»

南米各国で感染者が激減 新型コロナ

ブラジルで2回目の英アストラゼネカ製ワクチンを接種する高齢者=5月1日、ミナスジェライス州ベロオリゾンテ(AFP時事)

デルタ株で再拡大の懸念も ワクチン不足の中米は急増

 ブラジルなど南米の主要各国で新型コロナウイルスの新規感染者と死者が激減している。経済・社会活動が本格的に再開される一方、インド由来のデルタ株拡大に備え、ワクチン接種を終えた人に追加投与する「ブースター接種」もブラジルなどで始まった。その一方で、中米・カリブ海の一部貧困国では、爆発的な感染拡大が問題となっているが、ワクチンを確保できず、国際的な支援に頼らざるを得ないのが現状だ。(サンパウロ・綾村悟)

 「連日、夜遅くまで忙しい。本当にありがたい」。サンパウロ市内の飲食店でマネジャーを務めるミゲールさん(38歳・男性)は、最近の活況に驚いている。

 サンパウロ州政府は先月17日、昨年4月から1年4カ月間続いた経済活動制限措置を全面解除した。サンパウロ州以外にも、多くの自治体が制限解除に動いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。