ワシントン・タイムズ・ジャパン

米国 バイデン氏の支持率低下顕著

8月26日、アフガニスタンで起きたテロ事件を受け記者会見したバイデン米大統領(UPI)

アフガン情勢が追い打ち 中間選挙へ民主に危機感

 就任以来、堅調だったバイデン米大統領の支持率の低下が顕著になっている。新型コロナウイルスの感染者増加や有権者のインフレ懸念に加え、アフガニスタンからの米軍撤退をめぐる混乱が影響している。支持率低下により、来年11月の中間選挙において民主党が苦戦するとの見方も出始めている。(ワシントン・山崎洋介)

 「ジョー・バイデン氏の政治的ハネムーンは正式に終わった」

 米CNNは先月下旬、低下傾向が鮮明になっているバイデン氏の支持率についてこう報じた。

 米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の世論調査平均値によると、バイデン氏の支持率は8月29日時点で47・4%、不支持率が48・6%。就任当初は、支持が55%程度あり、不支持を20ポイント近く上回っていたが、今では逆転している。

 この大きな要因とされるのが、新型コロナウイルスの再拡大だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。