«
»

中国 偽文書拡散

ビル・ガーツ氏

コロナ発生源工作でポンペオ氏演説捏造

 中国は新型コロナウイルスの発生源は米陸軍とするプロバガンダを流布させてきたが、その一環として、米政府のものとする偽文書を国営のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」を通じて拡散させていることが、ポンペオ前国務長官とのインタビューで明らかになった。

 この文書が投稿、拡散され始めたのは7月。ポンペオ氏が2020年6月に米陸軍士官学校ウェストポイントの士官候補生らを前に内部向けに語ったとされるスピーチが掲載されている。7月30日までにアクセス数は340万回を超え、他のソーシャルメディアでの閲覧数も数百万件に達した。

 ポンペオ氏は、捏造(ねつぞう)であることを指摘した上で、「いずれ、偽物であることがばれるのを承知の上で拡散されている。だが、これを読んだ世界の何千万人もの人々は、でっち上げであることに気付かず、(中国共産党は)この文書でさまざまな目的を達成している」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。