«
»

オーウェルの小説「一九八四年」が現実化

リベラル派の「ポリコレ」が思考を統制

《 記 者 の 視 点 》

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが「レディース・アンド・ジェントルメン、ボーイズ・アンド・ガールズ」という園内の英語アナウンスをやめ、「ハロー・エブリワン」などの表現に変えたという。

 性の多様性に配慮する社会風潮を踏まえたものだが、米国のリベラル勢力が推進する「ポリティカル・コレクトネス」(政治的に正しい言葉遣いをしようという運動、以下ポリコレ)が、日本でも猛威を振るい始めたことに暗澹(あんたん)たる思いになる。

 そもそもリベラル勢力はなぜ、このような言葉狩りを推し進めるのだろうか。実は、70年以上前にその狙いを鋭く説明した人物がいる。英国の作家ジョージ・オーウェル(1903~50年)だ。全体主義的ディストピア(ユートピアの正反対の社会)を描いた49年発表の小説『一九八四年』に、特定の言葉を無くす目的を解説した部分がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。